借金の相談

借金の返済が滞るようになり、先行きが見えなくなってくると、返済をするために借金をする場合があります。

借金を借金で返済すると、初めのうちは凌げたような気分になりますが、負債は雪だるま式に増えていきます。できれば、こうなる前に債権者や法律家に相談するのが適切です。

しかし、負債がふくらみ、自分ではどうしても解決できない、返済していくこともできないと悩む場合、弁護士に債務整理を依頼します。

こうすることで、債権者からの督促の電話などを一時的に止めることができます。弁護士は相談する中で、さまざまな解決法を提案してくれます。

任意整理や自己破産といった方法がありますので、自分に適した方法で解決していきます。自己破産をすることになれば、一切の返済はなくなります。

新たに借り入れやローンを組むことが数年はできませんが、きっちりとその期間に生活を立て直すことで、人生をリスタートすることができます。自己破産は国が認めている解決法の一つです。

300万債務整理