自転車操業

キャッシングで首が回らなくなってしまって任意整理を行った友人から、当時のことをいろいろと聞きました。そもそも彼の借金の始まりは競馬でした。

キャッシングしている多くの人は、彼同様にギャンブルが基になっているようです。最初は恐る恐る、普段買い物に使っていた銀行のカードを使ってみたそうです。

5万、10万という金額が簡単に借りられるので、借金しているというよりも、自分の銀行口座からお金を引き出しているようなつもりになってしまいキャッシングを繰り返してしまいました。

その結果そのカードの借入できる極限まで見事に借りてしまいました。膨らんでしまった借入金を返すのにサラ金を覚え、気が付いたらその借金の額は100万円オーバー。さらに行った自転車操業で300万まで多額となりとうてい返せないところまで来てしまいました。

残念ながら司法書士を依頼するに至ってしまい、借金の整理をしたということです。

夫の借金債務整理